物流専門職業紹介 ロジ・シェルパ

東海3県下【愛知県・岐阜県・三重県】の物流・運送業界に特化した職業紹介(人材紹介)運転免許(大型一種・中型一種・けん引一種)・物流資格取得支援

お電話でのお問い合わせは052-800-5505
  • 会社概要
  • 業務案内
  • 実績
  • 職業紹介業務運営規定
  • 個人情報適正管理規定
  • お問い合わせ
物流専門職業紹介 ロジ・シェルパ

〒468-0012
名古屋市天白区向が丘一丁目703
ラカーシュ向が丘101
TEL:052-800-5505
FAX:052-800-5508
E-mail:info@logi-sherpa.co.jp
厚生労働大臣許可有料職業紹介事業
許可番号23-ユ-300758

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
最新のトラックバック
参議院議員選挙 方法
from 2分でわかる!今日のニュース
振り出しに戻ってくる。
from に負けてられない!名古屋の担..
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大型だけじゃない、中型も・・・
今週の「物流ウィークリー」(物流産業新聞社)に掲載されていた記事をご紹介します。

「大型離れ」が顕著に 若手ドライバー確保難しく
http://weekly-net.jp/2010/11/post-291.html

最近、物流ウィークリーさんにトラックドライバー不足の記事が増えてきたように思います。
ロジ・シェルパの周辺を見ても、若年層と呼ばれる方のドライバー希望、特に大型に関しては非常に少ないです。運送事業者さんのお話を伺っても、「以前よりは応募が少なくなくなった」とか「希望条件に合った人がいない」といったような声が聞こえてくるようになりました。なかには「ほとんど応募がない」というところも出てきています。

この問題、大型だけじゃなく中型にも迫ってくる問題です。20歳前後の方を面接させていただくときには、特に運転免許の確認に注意するようにしています。2t車(架装による)すら運転できなくなった新「普通」免許を持った方とお会いするたびに、危機感のようなものを感じています。

数字のうえでも確実に免許人口は減っています。
記事中にある運転免許統計(警察庁)
http://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/main.htm

ロジ・シェルパでは今後、この問題に対しできることを考え挑んでいきます。これがロジ・シェルパ立ち上げのひとつのきっかけですから。
[PR]
by logi-sherpa | 2010-11-11 05:52
新NAGOYA型経営の体感
公益社団法人名古屋青年会議所様主催の新NAGOYA型経営を実践する事業『「新NAGOYA型経営」の実践!~変身!世界一愛される企業へ~』の第1日・オリエンテーションに一般参加させていただきました。

中部経済新聞掲載記事はこちら↓(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大します)
b0176349_14365651.jpg


今回は、第1日のオリエンテーション(実践企業における新NAGOYA型経営の体感)ということで、
講演:熊本商科大学古田龍助教授「経営におけるホスピタリティとは」
実践企業調査報告:「実践企業から神髄を学ぶ」未来工業(株)名古屋ターミナルホテル(株)
ケーススタディ(新NAGOYA型経営のまとめ):「ブラザー工業から学ぶ」
グループディスカッション:「ホスピタリティを磨く経営企画」
という内容でした。

古田先生のご講演は、さすがホスピタリティを研究されているだけあり面白い内容で、ネット上でも公開されている大学での講義資料の一部を使用して多様なな事例を交えたわかりやすいお話でした。
公開されている講義資料
http://www2.kumagaku.ac.jp/seminar/~furuta/hospitality_and_strategy.files/frame.htm

未来工業(株)様での「提案書」を活用した改善提案制度、名古屋ターミナルホテル(株)様の“すべての活力の源泉は人である”との経営理念に基づいた人材育成制度、ブラザー工業(株)様の“グローバルチーム・ブラザー”をつくる自律型社員を育む人事制度など、どれも従業員さんにとって魅力のある会社づくりがされています。
つまり、古くからこの地域で行なわれてきた「ひとを大切にする気持ち」(ホスピタリティ)を軸に、企業一丸となって変革にチャレンジする経営、「新NAGOYA型経営」を学びました。

その後、参加企業様とのディスカッションにて意見交換を行ない、次回の新NAGOYA型経営発表会(自社における新NAGOYA型経営の実践)に向かって取り組みを行なっていくこととなりました。

現在のロジ・シェルパに社員はいませんが、成長・発展を目指す以上、社員を迎えることを想定した企業づくりはしていかなければなりません。
と同時に、ロジ・シェルパのお客様に対して、業績アップのためのホスピタリティ追及のお手伝いをさせていただくことで、より意識の高い人材の採用のお手伝いもさせていただければと考えています。

大変勉強になりました。12月7日(火)の発表企業に選ばれるよう、企画書づくりを頑張ります!
[PR]
by logi-sherpa | 2010-11-10 12:32
魂のこもった履歴書
随分ブログ更新が滞っております。。。いかんいかんです。

今日、ある求職登録者様から、11月からある通信関連機器のメーカー様の物流センターにて、5ヶ月間契約の派遣業務に就いたとのご報告があり、その期間が明けた後の就職についてのご相談をいただきました。
見方を変えれば、5ヶ月の間就職への準備がじっくりできるということです。

この方の年齢は48歳で、これまで営業職や、メーカーや運送会社での配送業務の経験が主で、外に出れる仕事をしたいとのことで、配送のお仕事を希望されています。
ただ、この年代の方が共通して持たれている悩みは、「書類選考を越えられない」ということです。「一度会ってさえもらえば、その先は自信がある」という方もみえます。

そこで以下のようなお話をしました。
◆「この人に会ってみたい」と思わせる履歴書を“創る”
・“履歴書”というより“手紙”のように相手のことを想いながら書く。
・思わず答えたくなるような質問事項を入れてみる。
・応募先企業で回し読みしたくなるような履歴書を創ってみよう。
◆画一的な履歴書には採用担当者も飽きているし、印象に残らない
・どの企業にも同じ内容で応募していませんか。
・他の応募者と同じような内容では勝負にならない。
・用紙の質や(さりげない)色など工夫してみてもいいかも。
◆履歴書に空白が多いのはもったいない
・大事なのは左半分より右半分。
・箇条書きで良いのでできる限り欄を埋める。
・市販の履歴書より、PCを使って自分に合った書式を作ってしまうのも手。
◆しっかりと応募企業のことを調べて“ネタ”を見つけ、仕込んでおく
・「自分本意の質問」よりも「相手のためになるような提案」のようなイメージ。
・応募先企業だけでなくそのお客様や取扱商品・業界も意識してみる。
◆履歴書など人生で何度も書くものではない
・書き慣れた人は就職できない人。書き慣れてはいけない。

ほかにもまだまだあるとは思います。履歴書や経歴書は、その人の人となりや仕事ぶりを見る重要な資料です。言い換えればそれをアピールする道具です。
ロジ・シェルパでは、実際の求職者の方と求人企業様との面接では、ご本人の自筆の履歴書を使用します。その内容に関してもご相談に応じています。

魂のこもった履歴書、一緒に作らせてください。
[PR]
by logi-sherpa | 2010-11-06 11:59
ドラマのようなお話
今日、ある求職者の方からメールにて就職決定のご報告をいただきました。
この方は岐阜県在住の50歳男性で、家電やアパレルを中心とした物流管理や品質管理、運行管理、営業など、数々の実績や表彰を受けられている方でした。
弊社へのご登録のきっかけは、インターネットでホームページをご覧になってご連絡をいただきました。

ご本人は年齢による就職活動の困難さを悩んでみえて、私としてもお持ちの資格や実績を見ていただける企業様がないか探させていただきました。結果として弊社からのご紹介とはなりませんでしたが、私にとっては大変勉強になりました。

以下、ご本人からいただいたメールそのものを個人情報を伏せたうえで、ご本人のご了解のうえご紹介します。
何かドラマの1シーンでも見ているような素晴らしい結果に、感動をいただくことができました。ご本人は「偶然」だとか「運が良かった」と思われるかもしれませんが、これは想いと行動力の結果だと感じます。
今後も、第一線の“物流マン”としてご活躍をいただき、情報交換やご指導をいただけたらと思っています。
年末繁忙を控えたなかでの責任ある立場での入社で、やりがいに満ちたお気持ちであると思いますが、お身体には十分に気をつけていただき、頑張ってください!!

株式会社ロジ・シェルパ 御中
山下社長様

お世話になっております。○○○○です。

本日ですが、同じ町内の知人が経営するラーメン屋さんで再就職の難しさの愚痴をこぼしながら昼食を取っておりましたところ、自宅近くで運送&倉庫業(車両40台&物流拠点3箇所)を経営する社長様が(やはり知人の友人です)来店中で、知人と私の話を聞いておられ食事後にお話しし、物流センター管理職として働いてもらえないかとのお話を頂戴しまして、条件面での折り合いも付き、無事お世話になる事が決まりました。
あまりに、とんとん拍子でしてこんな近所で採用していただけるとは…と、灯台下暗しのような気持ちです。

よくこの会社の前を通り、この不況に忙しい様子や街中でもトラックを見かけておりましたので、自分なりに「こういう企業が近所にあるのだから働くことが出来ればなあ」と思っておりました。
この企業の求人が出ないものかとハローワーク等で検索しておりましたが、そんな都合よくあるはずもなく、十分人材も間に合っているのだろうと諦めておりました。

丁度、今月末に新規営業所を神戸に立ち上げるとの事でして、専務さんのご出身地ということで専務さんが赴任することが決まり、岐阜の業務引継ぎ者候補選任にかかるタイミングと、また岐阜での新規業務としてアパレル関連物流業務も始ったもののアパレルに詳しい担当者が不在でいろいろとお困りだったご様子で、年末にトラブルが起きると非常にまずいとのお考えから、今週から求人に動こうかというタイミングでのお話でした。
うまい具合に、双方の要求がうまくマッチングし、今回のお話となりました。

自分の取得資格もすべて有効に生かすことが出来まして、当方としても願ったりかなったりです。就業場所も700mと近く徒歩で行けます。
今後は「生産性」の向上を目指し、十分に貢献すべく業務に励んでいきたいと思います。

また落ち着きましたら、山下社長様とのお取り組みも念頭に会社へもアピールし、近況をご報告したいと考えております。

寒い日が続くようになってまいりました。風邪などお引きになりませんようお身体ご自愛下さいませ。
最後になりましたが、長々と散文乱文ご容赦下さいませ。それでは失礼いたします。

○○○○ 

[PR]
by logi-sherpa | 2010-11-03 09:15
これでは解決にならないような・・・
今週の「物流ウィークリー」(物流産業新聞社)に掲載されていた記事をご紹介します。

車両サイズで緩和措置を 全ト協が中型免許見直し求める
http://weekly-net.jp/2010/10/post-270.html
中型免許制度、都道府県トラック協会に緊急アンケート
http://weekly-net.jp/2010/10/post-271.html

ちょっとこの記事の内容に関しては違和感があります。
そもそも中型免許は、多発する4t車の事故を減らすために設定されたもので、2004年(平成16年)6月9日の公布から6年、2007年(平成19年)6月2日の施行からもう3年も経っています。
それを若年ドライバー確保の阻害要因となっているからと、法律自体を変えてしまおうというのはいかがなものでしょうか。こういったことは中型免許新設前に十分に予測され、議論されているべき話ではなかったのではないでしょうか。

文中にもありますが、業界全体、各事業者に危機感がないままここまで来ているのが現状で、それをトラック協会として、事業者へのメンツもあって今頃になって動き出したような感があります。確か埼玉県のトラック協会などでは、早くからこの問題についての検討会が動いていたと思います。
そもそも国交省と組んで検討したところで、免許制度の管轄は国家公安委員会なわけで、この壁は大きいのではないでしょうか。

現行のこの制度の中でどうやって若年層をはじめとした労働力を確保していくのか。魅力ある業界づくり、ドライバーが十分な賃金が得られるような運賃相場の引き上げや制度の創設、免許取得を促す補助制度など、もっと充実させることがあるんじゃないでしょうか。
[PR]
by logi-sherpa | 2010-11-02 06:14
Copyright© LOGI-SHERPA Co.,Ltd. All rights Reserved.